スタッキングスツール

このスツールとても座り心地がよくてデザイナーの家具にしてはお手ごろです。
お気に入りなのでご紹介します。
デザイナーは「剣持勇」さん、おそらく皆さんも一度はどこかで剣持さんの椅子を見たことがあると思います。
もっと身近なところではあのヤクルトの容器も剣持さんのデザインです。
このスタッキングスツールは1958年に秋田木工から発売されたロングセラーです。
僕の持っているものは座面がファブリックですがレザーなどもあるそうです。
ファブリックも色々な色が展開されていました。
名前のとおりスタッキング(重ねて収納)できるので便利です。そして軽いです。
デザイナーの椅子は使い勝手や座り心地で??と思うものもありますが、このスツールはとてもバランスがいいものだと思います。
値段は12,000円程度だったと思います。
秋田木工は昨年なくなってしまったらしく、今はそのまま名前を引き継ぎ、大塚家具が販売しているそうです。
急なお客様用に居間の角にスタッキングしておいてもとても絵になりますよ。
やはり職人がつくる家には、職人がつくる、味のある家具が映えますよね。
一生モノの住まいだからこそ、そこに置くものも一生モノを選びたいですね。