建築家の建築物を見て研究

今日は建築家の藤森照信さんの建築を見に静岡にきました。タンポポハウスの自邸で有名な方です。素材感がものすごくおもしろいんです。なんてったって屋根に韮を生やしたりしますからね。先ずは秋野不矩美術館にきました。片岡球子さん小倉遊亀さんの三人展をやっていてラッキーでした。いつみても片岡球子さんの絵にはエネルギーが満ち溢れてます。掛川のねむの木こども美術館にきました。やはり圧倒されます。 屋根に植物が生えてます。半分地面から建物が生えてる感じです。なんでしょうこの説得力は。いつかはこんな建物をつくってみたいものです。こんな奇抜な建物でも「かっこいいな」と思う要素が計算されつくされているから「変」ではなく「かっこいい」と感じるんですよね。そんな要素を取り入れながら、お客様の家づくりにも取り組んでいきたいと思います。日々研究ですね!次はどの建築家の建物を見に行こうか・・・。*朝の過ごし方*朝はゆっくりとした時間がなかなか取れませんが、たまに出発直前のビタミン補給で抹茶を点ててもらいます。お茶と違って葉をすり潰して頂くのでビタミンいっぱいだそうです。朝の時間の過ごし方はとても大切なようで朝一番の呼吸が大事とヨガの先生にも聞きました。朝の忙しい時間帯で作法など無視したお茶の頂き方をしていますが、いつか一保堂のいい抹茶で午前中かけてのんびりお茶を頂く時間が持てるようになることを夢みています
PR:かっこいい家を建てる大垣のモデルハウスへお越しください