老後のことも考えマイホームは平屋がお勧め

家づくりの話が本格的に動き始める前は、「絶対に、平屋のマイホームがいい!」と、思っていました。やっぱり平屋って楽なんですよ。私が新卒以来、勤めている会社が3階建て&広めなフロアーだということもあって、平屋への熱は高まっていました。
そして、何より平屋の方が格好良く見えます。プロポーションが低い分、安定感があり、どっしり見えるし、おしゃれに見えます。
それに、職場の人から話を聞くに、やっぱり平屋は快適だーという印象ですから。とくに「20代の頃はいいけど、40代になれば縦の移動ってしんどいよ」という言葉が身に沁みましたね。要するに、同じフロアーでの移動と比べて、別の階への移動はしんどいということです。

会社ですと「仕事だ」ということもあり、それなりに動けるそうですが、家ではそうではないようで。家の中ですと「めんどい」という気持ちが勝ってしまい、それでついつい二階へ行くのも、そしてそのまた逆も然り、移動を最小限に抑えようとしてしまうということで。

ですから、私がマイホームを建てるとなった際には、とくに年配の人からは「平屋いいよ!」と勧められました。けれど、いかんせん十分な土地がなかった…。それで結局二階建てマイホームとなったのですけれどね。上下の移動は確かに面倒臭く、階段の上り下りはもうアラフォーな私にはちょっとした運動です。ですから、土地があればという条件付きですが、私は平屋をオススメします。長く住む家ですから老後のことを考えても。